【骨格・パーソナルカラー別】似合うドレスの選び方

    【骨格・パーソナルカラー別】似合うドレスの選び方

    はじめに

    骨格に合ったウェディングドレスを選ぶことで自分に似合うドレスがきっと見つかります!

    ぜひドレス選びの参考のしてみてください♪

    3つのタイプに分かれる骨格

    生まれ持った骨格の構造は人それぞれ違いますが、骨格は主に3つのタイプにわけられます。まずは自分がどの骨格なのか調べましょう。

    1ストレートタイプ

    • 胸の位置が高い、または鳩胸
    • 腰の位置が高い
    • 首が短く、鎖骨が目立たない
    • 骨が目立ちにくい
    • 上半身に厚みがある
    • 膝上は太めで膝下がすらっとしている

    2ウェーブタイプ

    • 鎖骨が細く目立ち、首が長い
    • 腰の位置が低い
    • 肩周りが華奢で薄い
    • 下半身に脂肪が付きやすい
    • 二の腕が細い
    • 太ももが細く膝下に肉がつきやすい

    3ナチュラルタイプ

    • 首が長く、鎖骨がはっきり出ていて太い
    • 上半身と下半身の重心の偏りがない
    • 手足が長い
    • 身長に対して手足が大きい
    • 肉感を感じさせない

    当てはまるものが多い骨格があなたの骨格タイプです。

    骨格ストレートさんに似合うウェディングドレス

    メリハリのある女性らしい肉感の持ち主の骨格ストレートさん。一方で鎖骨や関節が目立ちにくいことも。

    そんな骨格ストレートさんには上半身をすっきり見せるデザインがオススメ!

    縦ラインを強調するAラインドレス

    二の腕や僧帽筋が目立ってしまう骨格ストレートタイプさん。

    デコルテだけを出して二の腕や僧帽筋を隠してくれるデザインなら上半身が太って見えてしまう骨格ストレートさんも安心!

    ハリ、光沢のある太め幅のオフショルダードレス

    太め幅のオフショルダーなら、二の腕の一番太い部分をかくしてくれます。またシンプルなドレスは骨格ストレートタイプさんの持ち味のひとつであるハリのある肌質を引き立ててくれます。

    クラス感のあるマーメードラインドレス

    骨格ストレートタイプさんと相性バツグンなのはマーメードやスレンダーなど細身のドレスです。立体感のあるデザインだと全身のバランスがきれいに見えます。シンプルなデザインならよりきれいなボディラインを際立ててくれます。

    骨格ウェーブさんに似合うウェディングドレス

    首が長く上半身が薄めの骨格ウェーブタイプさん。そのウエストの細さを際立てるデザインが似合います。一方でデコルテラインが貧相に見えてしまうためデコルテに装飾やボリュームがあるデザインが◎

    微糖なオフショルデザイン

    二の腕が華奢な骨格ウェーブタイプさんはオフショルダー型のドレスがぴったり!

    こちらのドレスは腰下からのボリュームもあり、プリンセスのようなかわいさも感じられます。

    肌を包む繊細レースデザインドレス

    レースで透けさせることで肌そのものを露出するより骨格ウェーブタイプさんの特徴である華奢さを引き立てます。

    細さを強調できるウエストラインデザインドレス

    骨格ウェーブタイプさんの特徴のひとつであるくびれのあるウエストを目立たせるデザイン。細い二の腕を更に引き立てるデザインです。

    骨格ナチュラルさんに似合うウェディングドレス

    手足がすらっと長く肉感を感じさせない骨格ナチュラルタイプさんはシャープなデザインからボリュームのあるデザインまで様々なデザインを着こなせます!その中でも骨格ナチュラルさんにより似合うデザインをご紹介します。

    スレンダーラインのトレーンウェディングドレス

    肩や手足の関節が目立ちやすい骨格ナチュラルタイプさんには肩を包み込むようなデザインのドレスがおすすめです。すっきりとして甘すぎないデザインで大人っぽい印象に。

    スレンダーラインのVネックウェディングドレス

    ハイセンスな骨格ナチュラルタイプさんにぜひ着ていただきたいこちらのデザイン。ざっくりと背中の空いたデザインでスリットも入っているので長い手足が引き立ちます。

    シースルーノースリーブウェディングドレス

    シースルーのデコルテラインが骨格ナチュラルタイプさんの特徴のひとつである太い鎖骨をきれいにみせてくれます。ノースリーブなのでドレスが落ちてくる心配がないのがいいですね。

    パーソナルカラーで選ぶ!本当に似合うウェディングドレス

    骨格タイプに似合うドレスを選んだのになんだかしっくりこない、、、なんて方は自分のパーソナルカラーに合うドレスではない可能性も。

    パーソナルカラーとはその人本来の肌や、髪や瞳の色と似合う色のこと。ホワイトのウェディングドレスを着るのにパーソナルカラーは一見関係なさそうですが同じ白色でもオフホワイト、アイボリー、クリーム色など少しずつ違います。自分のパーソナルカラーに似合うドレスを是非見つけてくださいね。

    4つのパーソナルカラー

    パーソナルカラーは主に、スプリング、サマー、オータム、ウィンターの4つのタイプに分かれます。それぞれの特徴を見ていきましょう♪

    スプリング

    肌→黄みがかかったベージュ・透明感がある

    髪→明るいブラウン・柔らかく、細い

    瞳→明るいブラウン・きらきらしている

    サマー

    肌→色が白くピンクがかっている

    髪→明るいソフトなブラウン・ローズブラウン

    瞳→黒に近いブラウン・ローズブラウン

    オータム

    肌→赤みの少ないベージュ・陶器のような肌

    髪→黄みがかったダークブラウン

    瞳→黒に近いブラウン・ダークブラウン

    ウィンター

    肌→非常に白い・青みがかったベージュ

    髪→艶のある黒色

    瞳→黒に近いダークブラウン

    パーソナルカラー別にあうドレス

    どのパーソナルカラーにあてはまりましたか?

    それではパーソナルカラーごとに似合うウェディングドレスを見ていきましょう!

    スプリングタイプに似合うウェディングドレス

    全体的に明るい雰囲気を持っているスプリングタイプさんには柔らかい雰囲気のアイボリーがおすすめです。

    サマータイプに似合うウェディングドレス

    柔らかくて純粋なイメージを持たれるサマータイプさんはソフトホワイトのウェディングドレスがよく似合います。

    オータムタイプに似合うウェディングドレス

    しっとりと落ち着いたイメージのオータムタイプさんにはかすかにベージュを感じさせるオイスターホワイトのウェディングドレスがおすすめです。

    ウィンタータイプに似合うウェディングドレス

    クールで物静かなイメージのウィンタータイプさん。真っ白な肌質を更に引き立てる純白のピュアホワイトがおすすめです!

    おわりに

    花嫁さんにとってこだわりたいところのひとつであるウェディングドレス選び。

    ご自身にお似合いのウェディングドレスの参考になれば嬉しいです。

    ブログトップに戻る

    この記事を書いた人

    kaori
    kaori