招待状【返信ハガキ】の書き方は?

    招待状【返信ハガキ】の書き方は?

    はじめに

    返信ハガキの書き方にもマナーがあることをご存知ですか?基本はもちろん、添えると良い例文もご紹介!やむを得ず欠席する場合も、相手を気遣う言葉が使えると素敵ですよね!

    出席する場合の書き方マナー

    できれば、毛筆か万年筆、筆ペンを使いましょう。なければ黒のボールペンでもOK。薄墨やグレーは、不祝儀に用いられるためNGです。


    また、線を引くときは定規を使って綺麗に引きましょう。句読点は「切れる」等の意味を表すので使いません。

    表面

    宛名面は、ココだけ気をつければ大丈夫!

    ◆新郎新婦の名前の下に書かれている「行」または「宛」の文字を、二重線を引いて消す。

    ◆その左隣(横書きの場合は下に)に様と書く。

    裏面

    ◆記載されている出席の文字を綺麗に丸で囲む。

    ◆ゲストへの敬称に使われている、御やごの文字を二重線で消す。

    (御出席、御芳名/ご出席、ご芳名 など)

    ※御芳名は、名だけ残して〝御芳”まで消します。

    ◆メッセージは丁寧に、明るい文章を心がけましょう♪

    ◆食事のアレルギーなどの問いには、正直に書いても失礼になりません。「お気遣いいただきありがとうございます。」など感謝の気持ちを付け加えれば、受け取る側も嬉しいですよね。

    ワンランクUPのアレンジテクニック!

    ここまでご紹介したのは基本のマナーです。

    さらにワンランク上や、アレンジしてみたい!新郎新婦に喜んでもらえる返信をしたい!なんて方はご参考に♪

    御や行の文字を〝寿”で消す。

    寿消しと言われる上級者向けのマナーです。朱や赤のインクで書く方が良いとされています。黒インクでも問題ありませんが、消す文字が黒なので重なると寿と読みにくくなります。

    返信ハガキアート

    仲の良い友人や関係によってはデコレーションでアレンジするのもアリ♡ 返信ハガキをイラストや刺繍でデコレーションすることを”返信ハガキアート”と呼びます。

    新郎新婦の好きなキャラクターや世界観でまとめることが流行です!手の込んだハガキはお祝いの気持ちを表すのにぴったりですね!

    ただし、装飾のしすぎで文面が読みにくくなったり、お祝いにそぐわないイラストやシールなどは避けてくださいね。

    注)返信の受け取り人が新郎新婦のご両親になっている場合は、関係性によってご考慮ください。

    欠席する場合の書き方マナー

    欠席の場合の返信ルール

    やむをえず欠席する場合も相手に失礼のないよう返信したいですよね。

    出席の場合と同様に御出席、御住所、御芳名の御(御芳)の文字を二重線で消す。

    メッセージ欄には丁寧に欠席の理由を書く。

    招待状をもらった時点で出席できるかどうかわからない場合は、事前に電話などでその旨やいつ頃返事ができるかも伝える。

    欠席の場合はいつ返事を出す?

    返信がなかなか来ないと相手に迷惑がかかることもあるのでマメに連絡をするのがベターです。

    あまり早く欠席の返信をするのは失礼あたるので1週間程度たってから返信を。

    欠席の文字の前に残念ながらと付け合わえるとさらに丁寧な印象に。

    結婚式に出席できないときは、ご祝儀や祝電を送ることも検討してみては。

    ※欠席する場合のご祝儀の金額は、出席する場合のご祝儀の1/3~1/2程度が目安とされています。

    返信はいつまでにするのが良い?

    できれば2〜3日以内、遅くても1週間を目安に返信しましょう。

    欠席の場合は前述の通りあえて少し日を置いてから返信しましょう。

    メッセージの例文

    【一般的な例文】

    ご結婚おめでとうございます

    お招きいただきまして光栄です

    お二人の晴れ姿を心より楽しみにしております

    ご結婚おめでとうございます

    喜んで出席させていただきます

    当日楽しみにしております

    末永くお幸せに

    【友人への例文】

    〇〇ちゃんご結婚おめでとう!

    当日のお2人の幸せな姿を心より楽しみにしています

    何か手伝えることがあれば遠慮なく言ってね♪

    〇〇結婚おめでとう!

    親友の晴れ姿を見られることがとても嬉しく思います

    旦那様にお会いするのも初めてなので楽しみにしてるね!

    ご結婚おめでとう♡

    昔からとっても仲良しのふたりの結婚式を

    心より楽しみにしています!

    末永くお幸せにね♪

    【会社同僚・部下への例文】

    〇〇さん 結婚おめでとうございます

    慶んで出席させていただきます

    晴れの日までどうかお身体ご自愛くださいませ

    末永いお幸せをお祈り申し上げます

    ○○くんご結婚おめでとう!

    喜んで出席させていただきます

    当日は花嫁さんにお会いできることも楽しみにしています

    末永くお幸せに!

    【会社先輩・上司への例文】

    この度はご結婚おめでとうございます

    お招きいただきありがとうございます

    お二人の末永いお幸せをお祈り申し上げます

    ご結婚おめでとうございます

    【欠席の場合のメッセージ文例】 

    ご結婚おめでとうございます

    出産予定日と重なっており残念ですが欠席させていただきます

    ささやかながらお祝いを送らせていただきます

    末永いお幸せをお祈りしております

    お招きいただきありがとうございます

    あいにく当日はやむを得ない用事があり出席することができません

    別便で心ばかりのお祝いを送ります

    お二人の末永いお幸せを願っております

    結婚おめでとう!

    残念ながら長期の出張の予定があり欠席させていただきます

    また別席でお祝いさせてください

    末永くお幸せに!

    マナー違反と注意点

    ・ギリギリまで返信をしない

    ゲストの人数がなかなか決まらないと式の準備は大変です。

    やむを得ず予定がわからない場合は必ず早めに連絡を。

    ・欠席の場合、理由に「忙しい」など相手に気を使わせる内容は新郎新婦に失礼になるので使わないようにしましょう。

    【出席の返事をしたあとに行けなくなった場合の注意点】

    できるだけ早く電話で連絡を。

    メールやLINEでは忙しい新郎新婦にとってすぐに確認できない場合もありますし電話で申し訳ないという気持ちを伝えましょう。

    おわりに

    招待状の返信は新郎新婦が心待ちにしているひとつです。マナーはたくさんあり悩むこともあると思いますが、一番大切なのは受け取った相手の気持ちを考えること。出席の場合も、やむを得ない欠席の場合も、あなたが心を込めて書いたお返事はきっと気持ちが伝わりますよ♪

    ブログトップに戻る

    この記事を書いた人

    kaori
    kaori